アルバニア系ゲリラはなぜ無事撤退できたか

2001年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 六月二十五日はマケドニア人にとって屈辱的な日だった。マケドニア軍がアラチノボ村をアルバニア系ゲリラNLAから武力で奪還する寸前になって、EUとアメリカが介入し、ゲリラ達は武器を携帯したまま、NATO軍の護衛付きで、村から無事撤退したのである。 一体このNATO軍の奇妙な行動の背景には何があったのか。六月二十八日付の独『ハンブルガー・アーベントブラット』紙は、「アメリカ人アドバイザーがアルバニア系ゲリラを支援」とのタイトルで、NLAの指導者として十七名のアメリカ人元軍人がいたと報じている。 マケドニアの米大使館は慌ててこの報道を否定しているが、奇妙なことに、この前日にブッシュ大統領は、アメリカ国民に対して、アルバニア系ゲリラへ財政的・物質的支援をすることを禁ずる大統領令を発布している。ゲリラへ「財政的・物質的支援」をするアメリカ人が存在しなければ、このような大統領令が出されるはずはない。 コソボ紛争以来のアルバニア系武装組織とアメリカとの軍事協力関係は、いまだに続いていたのだ。この腐れ縁を断ち切らない限り、マケドニアに平和は訪れないだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順