力量を問われる「山拓」 小泉政権のアキレス腱にも

2001年7月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 中曾根康弘元首相とゴルフをしたウシオ電機の牛尾治朗会長が、七月初めに自民党の山崎拓幹事長に「中曾根さんは参院選が終わったら山崎の出番だと言っていた」と伝えた。これに対し、山崎氏は「構造改革のための党内調整をうまく運べということだが、少数派閥のリーダーでそういうことが苦手。気が滅入る」と愚痴をこぼしたという。 山崎氏は小泉純一郎首相の名代として、七月八日から公明、保守両党幹事長と韓国、中国を相次いで訪問した。だが、靖国参拝問題や教科書問題などの影響で、中韓両国から手厳しい出迎えを受けた。韓国では金大中大統領やその側近から会談を断られ、中国では靖国参拝問題を追及され、山崎氏はA級戦犯の「分祀」問題に言及した。国内でも賛否両論がある「分祀」問題を外交で持ち出す山崎氏の軽率ぶりに、党内からは「最悪の時期に訪問した」と批判が相次いでいる。 外交に続き、山崎氏は経済政策でも批判を浴びている。小泉首相が景気回復より構造改革と絶叫する最中、七月三日の記者会見で「補正を含めて景気対策は弾力的に運用」と発言し、そのこと自体が問題になっているのかどうかもよく認識しないまま、「質問があったから答えた」と釈明する体たらく。橋本派幹部からも「山拓は経済政策がわかっていない」との声があがる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順