饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(44)

唐家セン外相「やめなさい」発言の波紋

西川恵
執筆者:西川恵 2001年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 ハノイでの田中真紀子外相と唐家セン外相の日中外相会談(七月二十四日)は、中国からの申し入れで通訳を介さず、日本語で行なうという極めて異例のものだった。唐外相は日本語が堪能だが、正式の会談を一方の国の言葉で通すというのは、外交上、あまり聞いたことがない。加えて歴史的に難しい関係にある日中両国である。日本語での会談は大きな冒険だった。 会談を日本語で行なった中国側の意図について、日本のマスコミは「会談時間を有効に使いたかったためではないか」と指摘したが、日中を取り巻く状況を考えれば、それだけの理由で日本語になったとは考えにくい。 今回の外相会談の主要議題は小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題であり、これについて中国側は断固反対の立場を日本側に伝えたかったことは明らかだった。そうであるなら、なおさらのこと通訳を介するのが自然である。相手の言葉を使うということは、それだけで相手に譲歩し、弱い立場を見せたと受け取られ兼ねないからだ。特に中国側にとって、日本語で会談を行なうことにはリスクがある。 日本語はいうならばかつての“敵性語”。いまでも中国で知日家とは「買弁」(外国の利益に奉仕する者)と重なるイメージがある。唐外相も日本語が出来るというだけで、インターネットのサイトで「売国奴」と非難されている。中国側が「日本語で会談を行なうことはオフレコにして欲しい」と日本側に要望したのも、中国国内の空気を考えれば当然のことだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順