ダイヤ市場に異変もたらす旧ソ連の人工ダイヤ

2001年8月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: ロシア

 旧ソ連産の人工ダイヤの「品質」が急速に向上して、世界のダイヤ市場に混乱をもたらす恐れが出てきた。ダイヤの売り上げは独立国家共同体の地下経済に浸透するロシア・マフィアの資金源にもなっており、米国や欧州が強い関心と懸念を寄せている。 ウクライナをはじめとする旧ソ連諸国では、工業用ダイヤの設備を宝石加工用に更新し、質の落ちるダイヤにレーザーで極小の穴を空け、中の不純物を酸で溶かす技術を確立した。電子ビームで高級ダイヤ特有の青みを出すと、プロでも判別が難しくなるという。 ダイヤの最大の末端市場である米国では、ウクライナから生産設備を導入して本格的に生産に乗り出す企業も出現した。 世界のダイヤ市場では昨年、シエラレオネの反政府勢力などの資金源になっている「紛争ダイヤ」の締め出しを求める声が高まり、国連安保理も報告書をまとめるなど本格的な対策に乗り出した。それでも現状では、市場に流通するダイヤの四〇%が紛争ダイヤを含む密輸ダイヤとされている。巨大市場の中国も最近、ダイヤ取引所を設立しており、質の向上した旧ソ連産人工ダイヤの流入を警戒している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順