スネに傷持つタクシン首相 疑惑は無罪でも窮地に

2001年8月号
カテゴリ: 国際

 タイの憲法裁判所は八月三日、タクシン首相の資産隠し疑惑の審理を終え、十五人の判事による八対七という小差の裁定を下し、無罪判決を言い渡した。無罪の理由について憲法裁は「首相に資産隠しの意図があったとの証拠を得られなかった」としているが、有罪が確実視されていただけに、早くも「首相周辺から判事への現金攻勢があった結果ではないか」との情報が流れている。 有罪判決が出ていれば失職は免れない事態だっただけに、タクシン首相は「国民の支持のお陰」とコメントしながらも、辛うじての無罪判決と、「政治的配慮や金銭疑惑」との観測に強い不満を募らせている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順