日銀の財務レーティングであぶり出される“問題企業”

執筆者:須田慎一郎 2001年8月号
エリア: 日本

日銀から「担保不適格」と烙印を押されたらどうなる……CP(コマーシャルペーパー)オペで選別が始まったのか。 ある大手都銀の首脳が、とうとうここまできたか、という面持ちで語る。「つい先だって日銀から、大手ゼネコン三社の例を挙げて、『今後、たとえこうした企業が発行したCPであっても、それを引き受けるにあたっては、厳格な審査をさせていただくことになる』という“通告”を受けた」 ここで言うCPが、事業会社の資金調達に重要な役割を果たしている手形の一種、コマーシャルペーパーの略称であることは、改めて説明するまでもないかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順