プレゼンス UNHCR『世界難民白書二〇〇〇』

執筆者:船橋洋一 2001年9月号
カテゴリ: 文化・歴史 書評

 緒方貞子が国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の第八代高等弁務官に就任したのは一九九一年一月だった。 冷戦後の「世界新無秩序」がその面妖にして醜悪な地肌をむき出しにしはじめた時だった。東西イデオロギーと米ソ対立に伴う代理戦争型の紛争ではなく、宗教、民族、国籍、人種、言語、地域といった人々のアイデンティティにからむ紛争が散乱しはじめた時に当たった。 最初の洗礼はイラクからのクルド人難民の波だった。緒方は直ちにヘリコプターでイラクとの国境地帯に飛んだ。狭い山道が車やトラクター、歩く人々で立錐の余地もないほどだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順