「江沢民の騙しのテクニック」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2001年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

「月が満ちたり欠けたりするように、人はめぐりあったり、別れたりする。悲しみもあれば、喜びもある」 中国の江沢民国家主席は8月10日付の米紙ニューヨーク・タイムズとの会見で、古代中国の漢詩を引用して米中関係を形容した。保養地の北戴河に同紙社長らを招き、1時間半に及んだこの会見は、ブッシュ政権に向けた和解のメッセージと受け取られている。それほど中国は、米国と敵対しながら、関係改善を必要とする理由があるのだ。 4月1日、中国戦闘機と接触して海南島に緊急着陸した米軍偵察機EP3を解体した中国の技術者が叫んだ。「なんということだ。すべての部品が中国製だった」 江沢民主席、ブッシュ米大統領、プーチン・ロシア大統領が三者会談を終え、車で会場を後にした。ブッシュ大統領の車は前方を右へ、プーチン大統領の車は左へ曲がった。 最後に江沢民主席が運転手に命じた。「方向指示機を左に出しながら、右へ曲がれ」 1989年の天安門事件後、急遽上海から呼ばれた江沢民は、当初の中継ぎという観測と裏腹に、在位12年というロングリリーフになった。卓越した政界遊泳術と駆け引き、それに騙しのテクニックが長期政権の秘訣だ。しかし、来年秋は第16回共産党大会。本人はトウ小平流の院政を狙っているとされるが、巨大な社会的変化の中で、前途は容易ではない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順