倒産してなお迷走を続けるマイカル

執筆者:松廬征幸 2001年10月号
エリア: 日本

クーデター騒動を起こした経営者、無策のメーンバンクは去った。しかし、その後にやってきたのは、功を焦る弁護士・裁判所連合と、彼らの経済オンチにつけこむ投資銀行だった。「えっ、あと五十億円も足りないのか」。九月二十六日早朝。部下の報告を受けたマイカルの資金担当A氏は、思わず息を呑んだ。二十八日の午後三時には、納品支払い九十億円の決済が迫っている。「新生銀行やサーベラスがつなぎ融資の要請を見送りました」。昼前には、フィナンシャル・アドバイザー(FA=財務相談役)を務める大和証券SMBCから連絡が入る。A氏は苦々しくつぶやいた。「何のために弁護士やFAを雇ったんだ」。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順