保険ビジネスはこの「戦争」に耐えきれるのか

2001年10月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

WTC崩壊で生じた史上最大の保険損害に、不穏さを増す国際情勢が追い打ちをかける。保険システムの“網の目”に連なるすべての企業が、リスクの重みに圧迫され始めた。[ロンドン発]「九月十一日」は、世界の安全保障の概念を根底から変えてしまった。米国をはじめ同盟国は、今後、国家の制御が及ばないテロ集団との「新しい戦争」を戦い続けなければならない。もっとも世界貿易センター(WTC)ビルを資本主義の象徴と捉えてみれば、火の手が上がったのは米国の覇権を支えたグローバル市場経済だ。その体制をテロルがどこまで蝕むのかは定かでないが、最初に壊れかねない急所は挙げられる。企業や経済活動のリスク管理に不可欠な保険ビジネスも、その一つである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順