シリコンバレーからの「長い手紙」

執筆者:梅田望夫 2001年10月号
カテゴリ: IT・メディア

テロ事件の衝撃は“起業の聖地”に大きく影を落している。シリコンバレーから発信を続ける筆者が“九月十一日以後”の日本とアメリカを洞察する。[パロアルト発]こんな長い四週間はこれまでになかった。九月十一日の衝撃は未だ冷めやらない。むしろ日が経ち、省察を深めていくにつれて、そのインパクトの巨大さと歴史の不可逆性に愕然とする。本稿では、私の心の中がこの四週間にどう揺れ動いたのかを、できるだけ正直にたどってみたい。日本への苛立ち はじめの一週間、私は日本に対して憤り続けていた。特定の個人以外に対してこんなに激しい怒りを覚えたのは、生まれてはじめてだった。 シラクがブレアがアラファトがプーチンが、大量市民殺戮テロという惨事に直面したアメリカ人に対して次々と力強いメッセージを発する中、日本はいったい何をやっているんだ、そう思ったのが「怒りの連鎖」の発端だった。日本のマスメディアが「邦人の安否」ばかり報道しているらしいこと。これほどの有事においてすら日本の政治がまったく機能しないこと。当事者意識と戦略性を欠いた暴論、愚論の類が、政治家や学者や評論家やジャーナリストから垂れ流されていること。企業トップの危機認識が甘いこと。気持ちが悪くなるほど淡々と仕事をしている日本人ビジネスマンが少なくないこと。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
梅田望夫 1960年東京都生れ。94年渡米、97年コンサルティング会社ミューズ・アソシエイツを起業。著書に『ウェブ進化論』(ちくま新書)、『ウェブ時代をゆく』(同)、『ウェブ時代 5つの定理』(文藝春秋)、『ウェブ人間論』(共著、新潮新書)など。メジャーリーグの野球、そして将棋の熱烈なファン。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順