インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

アメリカが重視する中国・ロシアの独自情報

春名幹男
執筆者:春名幹男 2001年10月号
カテゴリ: 国際

攻撃遂行にあたって、アメリカは中国、ロシアとの情報交換を活発化させている。恐ろしいのは、情報面での「ジャパン・パッシング」の再現だ。連載「インテリジェンス・ナウ」拡大版。 小泉純一郎首相がホワイトハウスを訪問してブッシュ大統領と会談した九月二十五日、人目をはばかるようにして、中国国家安全省のテロ対策専門家がワシントン入りした。米中央情報局(CIA)などの専門家と情報交換するためである。「協議は有益だった」――米中協議に出席した米情報当局者はそう述べ、この異例の会合に満足の意を表明したという。「中国核スパイ疑惑」でワシントンが揺らいだ二年前には想像もできない光景だ。 実はこの日の表舞台である日米首脳会談で、ブッシュ大統領は、日本の具体的なテロ対策貢献策について、特に何も要請しなかった。アメリカは当初から、情報協力では日本に期待していない。そもそも日本はアメリカが必要とする情報など持っていないからだ。 それでは、米中枢を狙った同時多発テロの主犯オサマ・ビン・ラディンとそのテロ・ネットワーク組織「アル・カエダ」、さらにアフガニスタンのタリバン政権に対する報復攻撃・情報工作で、ブッシュ政権が協力を最も期待している国は、どこか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順