そして彼らは「戦場」に赴く

執筆者:生島淳 2001年10月号
カテゴリ: スポーツ

 テロ事件が発生した時、ロサンゼルスに滞在していた。時間の経過と共に東海岸のメディアは、深刻さが増していった。 スポーツ専門チャンネルのESPNさえ、一時は提携先のABCニュースを流したくらいで、ひと段落すると、メジャーリーグをはじめ、多くのゲームが延期、そして中止となるのをテロップで流し続けた。アメリカからスポーツが消えた。 カレッジ・フットボールはシーズン序盤の山場を迎えていた。多くの学校がとりあえず、延期の措置を取った。しかしいち早く事件直後の週末のゲームをすべて取りやめた学校があった。陸軍士官学校と海軍士官学校である。 この素早い決定をテレビで知り、ある本のことを思い出した。ジョン・フェインスタインの“A Civil War”(Little, Brown)である。彼の作品で翻訳が出版されているものには『苦悩の散歩道』(小池書院)など、ゴルフを題材にしたものが多いが、“A Civil War”は陸軍士官学校と海軍士官学校の「校技」とも言えるフットボールのライバル関係について書かれた本である。 何せ、この両校の敵愾心たるや、すさまじい。他の試合はすべて負けても、この相手にさえ勝てば「いいシーズンだった」と呼ばれるほど、大きな意味を持っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
生島淳 1967年生れ。広告代理店勤務を経て93年よりライターとして活躍。著書に『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順