アラブの被害感情を刺激する「アフガン空爆」

執筆者:内田優香 2001年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 米国で同時多発テロが発生して以来、クウェイトで多くの人にこの大惨事の感想を聞いた。研究者、政府関係者、学生、経営者、主婦そして記者――事件発生から数週間経た今日に到り、少なからぬ人が口にするのが、「こんな大掛かりで巧妙なテロをアラブ人が計画出来るわけがない。これは、アラブ人ないしムスリムが関ったように見せかけた犯行だ」という「陰謀説」である。 世界貿易センター、ペンタゴンやペンシルバニアで命を落とした方々とその遺族が最も悲惨な直接的被害者であることは言うまでもないが、国際社会を恐怖に陥れたという意味で、世界中の人が今回のテロの被害者であると思う。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top