クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

戦争ではない これは犯罪

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2001年10月号
カテゴリ: 国際 金融

 アメリカは外科医のような手つきで、アフガニスタンへの攻撃を始めた。術前の血液検査、CTスキャン、負荷テスト、すべてやった。頭に布を巻いた髭ヅラの患者は、手術台の上。メスを入れるべき個所には、マジックでマークがしてある。まず皮膚を切り、血管に達すればクリップで挟んでおいて切り進む。血は流れるが、無用の血は流さない……。 ブレア英首相は「無為は行動より危険だ」と言った。外科手術中に多少の血は流れる。だが国際テロリズムという患部を放置しておけば世界は病毒に冒され、やがて文明は野蛮へと退化して死に至る危険がある。 何の罪もない数千人と共に世界貿易センターの双柱が崩れ落ちたとき、米国の指導者は「これは新しい戦争だ」また「戦争行為だ」と言った。聞いて私は、なるほどそうだと思った。メディアも戦争だと書いた。 破壊・殺傷の規模から見て、ニューヨークの金融街という「戦場」の戦略性から見て、戦争と呼ぶにふさわしい襲撃だと感じた。たとえばブッシュ大統領が掲げてきたミサイル防衛構想は、一瞬のうちに空疎になった。いくら外敵を防いでも、パスポートを持ってアメリカに入った敵が国内便の旅客機を乗っ取って突っ込んできたら、防ぎようがない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順