トニー・ブレアの「言葉による戦争」

執筆者:田中明彦 2001年11月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ

戦闘の勝利だけでは、戦争は終わらない。「戦後ビジョン」を示して初めて、世界をリードすることができる。いま、トニー・ブレア英首相こそ、その歴史的役割を果たしつつあるのではないか。 一九四一年八月、フランクリン・ローズベルト米大統領とイギリスのウィンストン・チャーチル首相は、ニューファウンドランド沖の米英軍艦上でいわゆる「大西洋会談」を行ない、そこで「大西洋憲章」を発表した。第二次世界大戦はすでに始まっていたが、日本の真珠湾攻撃はいまだ四カ月近く先のことであり、アメリカは戦争に参加していなかった。しかし、この米英軍艦上で二人の米英指導者によって合意された項目は、アメリカの参戦後、「連合国宣言」の中に組み込まれ、第二次世界大戦において「連合国」を指導する「戦後構想」となった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top