饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(47)

キムチが結ぶ日韓首脳の絆

西川恵
執筆者:西川恵 2001年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 小泉首相は十月十五日、韓国を日帰り訪問した。教科書、靖国問題、さらには北方四島沖のサンマ漁をめぐり、こじれきった日韓関係を軌道に戻すのが目的だったが、二十日から上海で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合を目前に控え、ギリギリのタイミングでの訪問となった。 APECでは韓国の金大中大統領と同席することになるため、その前に関係を正常化する必要があった。さもないと小泉首相は、初顔合わせとなる金大中大統領と、握手も話もできないということになり兼ねなかった。ただ両首脳の忙しい日程から、小泉首相が朝六時すぎに羽田空港を発ち、午後五時半には戻るという、ソウル滞在実質七時間の駆け足訪問になった。 青瓦台(韓国大統領府)で行なわれた首脳会談で、小泉首相は未来志向の関係再構築を強調し、金大中大統領も同意した。首相は会談前、日本の首相として初めて、植民地時代に抗日運動家が多数投獄された刑務所跡地に作られた西大門独立公園を訪れ、「日本が韓国国民に多大な損害と苦痛を与えたことを心から反省とおわびの気持ちをもって見学した」と記者団に述べた。金大中大統領は首脳会談で「この発言を高く評価する」と語った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順