自衛隊を唖然とさせた山崎発言の背景

2001年11月号
カテゴリ: 外交・安全保障 政治
エリア: 日本

 自衛隊の“守護神”とみられてきた山崎拓自民党幹事長(元防衛庁長官)が自衛隊からの信頼を急速に失いつつある。アフガニスタンで戦う米軍を支援するための自衛隊派遣をめぐり、「自衛隊をオモチャにしている」との批判が高まっているからだ。 まず、海上自衛隊が派遣を検討し、小泉首相も活用に前向きだったイージス護衛艦のインド洋派遣について、野中広務・元幹事長が派遣反対を唱えると一緒になって消極論を展開。さらに「性能の高さに着目した反対意見もあるので、性能に一定の制限を加えることも一案だ」と述べ、海自幹部らを唖然とさせた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順