「根絶」と「コスト」

執筆者:伊藤洋一 2001年11月号
カテゴリ: 文化・歴史

 誤解なきように真っ先に記す。テロは絶対に許さないし、私も四年居た大好きなニューヨークの世界貿易センタービル二棟が失われたこと、何千人という尊い命が失われたことには、表現できないほどの悲しみを覚える。アメリカの怒りもよく分かる。 さらに言えば、今から提示する問題に関して私自身、自信を持った結論に達しているわけではない。読んだ方にも考えて欲しいという気持ちで記している。その上で――。 事件以来、私の頭のなかでくすぶり続けている問題がある。一つは今回のテロに関して「テロは根絶すべきだ」といった形で使われる「根絶」という言葉の持つ重みであり、二つ目は日本だけで毎年一万人は亡くなり、世界では何十万人という人が命を落とす交通事故と、今回のテロで死んだ数千人との関係である。なぜテロに関しては簡単に「根絶」という言葉が使われるのに対して、交通事故には我々はこの言葉を使うのを忘れたのか、または敢えて使わないのか。 交通事故も根絶した方が良い。これには異論はないだろう。しかし、今の日本では一年間に死者が一万人を上回れば「今年は人身事故が多かった」のであり、下回れば「少なくて良かった」と受け止められる。後者であってもニューヨークの九月十一日のテロによる死者を大幅に超えているにもかかわらず、我々はそれがあたかも良かったことのように語るのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順