「オサマ・ビン・ラディンの命脈」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2001年11月号
カテゴリ: 国際

 同多発テロと米軍のアフガニスタン攻撃が、米テレビの夜のトークショーのネタ選びを困難にしている。「ジョークは受難の時代になった。コーランやイスラムを皮肉るのはタブー。世界貿易センタービルも取り上げられない。何より、ブッシュ大統領がスマート・ガイなのだから」とNBCテレビのホスト役、ジェイ・リノが嘆いた。しかし、3大ネットワークのトークショーはオサマ・ビン・ラディンを集中攻撃することで、視聴率も9月11日以前より上がっているという。 米航空大手、ボーイング社がビン・ラディンに書簡を送った。「あなたは弊社の製品を使用するのがお好きなようなので、爆撃機と巡航ミサイルもお届けします」 米中央情報局(CIA)の要員同士の会話――。「ビン・ラディンはアフガニスタンのオマル師の娘と結婚したが、夫婦仲はあまりよくないらしい」「どうして分かるのだ」「彼は毎晩、妻とは別の洞窟で寝ている」 ビン・ラディンが米軍の攻撃で重傷を負って捕らえられ、米国の病院に送られた。 ビン・ラディンが医師に尋ねた。「ドクター、わたしはいつ死ぬのか」「米国の祝日に死ぬことになる」「なぜ祝日に死ぬと分かるのか」「いつ死のうと、その日は米国の祝日になる」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順