饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(48)

アフガン代表者会議 陰の主役はドイツ迎賓館

西川恵
執筆者:西川恵 2001年12月号
カテゴリ: 国際

 ドイツのボン郊外で九日間にわたって開かれた国連主催のアフガニスタン各派代表者会議は十二月五日、最終合意に達し閉幕した。 この会議招致にかけたドイツの熱意は並々ならぬものだった。アフガン各派約五十人の滞在費、会議運営費を全額負担し、会場兼宿舎としてボンから車で三十分ほどのペータースベルク山頂(標高三百三十一メートル)にある迎賓館をあてた。 当初、首都ベルリンのドイツ外務省を会場にする予定だったが、急遽、変更された。ドイツ外務省関係者は「宿営などのロジと治安面でベルリンは不安があった。特に治安確保はペータースベルクの方がはるかにすぐれていた」と語る。 山頂の迎賓館に通じるつづら折りの一本道は麓に検問所が設けられ、関係者以外、通行禁止となり、世界中から集まった記者団はライン河畔のホテルと、係留した大型船に設置されたプレスセンターに押し込まれた。 会議には国連関係者とアフガニスタン四派だけが参加。関係国の外交官は迎賓館脇の別棟に待機し、内部情報を取ろうと各派のアドバイザーや独自チャンネルを通じて外交合戦を繰り広げた。この点では舞台裏を取り仕切ったドイツが圧倒的に優位だったが、会議を成功に導くための気の配りようも並々ならぬものがあった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順