インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

中止させられていたビン・ラディン一族捜査

春名幹男
執筆者:春名幹男 2001年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 米中枢同時多発テロの数日後、首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンの在米の親戚一行十一人を乗せたチャーター機がボストンを発ってサウジアラビアに向かった。バンダル駐米サウジ大使によると、米国には計二十四人のビン・ラディン一族が住んでいた。結局、全員が米国を離れ、帰国した。 テロとは無関係の他の一族は、いらぬとばっちりで難を受けるのを避けるため、急遽離米したと思われた。オサマはビン・ラディン一族の“ブラックシープ”(はみ出し者)と言われてきた。ブッシュ政権も半公式的にそうした見方をとっていた。 だがここにきて、実はブッシュ政権は、ブッシュ・ファミリーとビン・ラディン一族の関係をめぐり、知られたくない事実を隠そうとしているのではないか、との疑惑が指摘され始めた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男 1946年京都市生れ。国際アナリスト、NPO法人インテリジェンス研究所理事。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授、早稲田大学客員教授を歴任。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『米中冷戦と日本』(PHP)、『仮面の日米同盟』(文春新書)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順