V字回復した「ゴーン日産」の内憂外患

執筆者:加納修 2001年12月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

「ゴーン改革」によって、日産自動車は急速に業績を回復しているかに見える。しかし好調な数字は運に恵まれた側面も強く、見せかけだけの“有能社員”が幅をきかせる…… 日産自動車で売れている新車は何か――この問いに答えられる人はまずいない。そもそも最近の日産の新車が何であるかを知る人も、実はそれほど多いとはいえないだろう。 では日産で最も売れているのは何かといえば、それはカルロス・ゴーン社長そのものだ。様々な報道でその経営手腕が高く評価され、新しい日産神話を作ったといえるゴーン氏。確かに流れは作ったかに見える。しかし肝心の日産再建の行方はいまだ闇の中。ゴーン流の派手なパフォーマンスとカリスマ性の陰で、むしろ日産の混乱は拡大の気配すらある。今や「経営の神様」が「裸の王様」になることに危機感を覚える社員も少なくないのだ。 十一月に入ったある週末、東京駅にほど近い書店の中で催されたサイン会。通常は、若い女性や中年男性など、ファンに特定の傾向が見られるが、興奮の面持ちで順番を待つ長い列には、若い女性もいれば、老齢の夫婦連れ、中には子供連れもいるという一風変ったものだった。やがて列が静かに動き始めると、その先で、にこやかにサインをしていたのがゴーン氏だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順