エンロン破綻の背後に覗く米国市場の「死角」と「暗部」

2001年12月号
エリア: 北米

 ブッシュ政権誕生間もない二〇〇一年二月、米大手エネルギー会社エンロンはインド政府に対し、マハラシュトラ州電力公社に販売した電力料金の未払い分七億九千万ルピー(二十億七千万円)を支払うよう請求した。九二年に同国のエネルギー開発事業に参加。その後ロシア、ブラジル、英国、韓国などの公益事業を中心に巨額のカネを注ぎ込んでいったエンロンは、今にして思えば、すでにその拡大戦略に破綻を来し始めていたのだろうか。 ただ、この時点では八カ月後の危機を予想する者はほとんどいなかった。むしろ、大統領選中からブッシュ陣営に多額の献金をした同社は新政権下で順風満帆にみえた。二月にジェフリー・スキリング氏に社長の座を譲ったケネス・レイ会長は一時、財務長官への就任も噂されていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順