母となられたその人の魅力

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2001年12月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

 子供の頃私は、「洗足」という眠ったように静かな町に住み、田園調布にあるカトリック系女子校に通っていた。ある朝、学校はいつにない興奮に包まれていた。隣のクラスに転校生がやってくるのだ。しかもモスクワから! 異国の都市の名は想像を遥かに超え、小学生の私は好奇心で一杯になった。 その日の帰り道、洗足商店街の銀杏並木の下で、思いがけず、くだんの転校生を見かけた。あまりに私がじろじろ見るものだから、その女の子は恥ずかしそうにうつむいたが、瞳の奥がいたずらっぽく笑っていた。 それからアメリカへ転校するまでの数年間、彼女は学校中の人気者となった。振り返ってみると、その人気の秘密は、頭が良くてスポーツ万能だったことではなく、むしろ、こちらの予想を快く裏切るアンビバレントさにあったのだと思う。利発なのに尖った鋭さがなく、ソフトボール部のスターなのにおっとりしていて、大輪の花のような存在感なのにシャイで野にひっそりと咲くのを好むような面――。その印象は、私たちの通学路だった「洗足商店街」が、彼女にちなんで「プリンセス通り」と呼ばれるようになっても、全く変わることがない。 内親王ご誕生の嬉しいニュースが伝わった朝、夜来の雨が止み、ドイツの冬空は驚くほど青く晴れ渡った。お祝いで賑わう商店街の記事を読むと、三十年近く前のセーラー服の可愛らしい女の子の姿と、母となられた妃殿下の姿が頭の中で重なってくる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順