祝祭日とスポーツ

執筆者:生島淳 2001年12月号
カテゴリ: スポーツ

 毎年この時期になると、決まってウディ・アレン監督の「ハンナとその姉妹」が見たくなる。この映画、サンクスギビング・パーティを映画の始まりと終わりに配し、ある家族の一年間の風景をサンドイッチした映画である。 七面鳥のローストに、にぎやかなおしゃべり、笑顔に隠された失意。これはアレンの映画でしか出せない雰囲気だ。 しかしこの映画で描かれるサンクスギビングには、アメリカの一般家庭にある大切なものが一切出てこない。フットボールである。 数年前、横田基地のアメリカ人の家庭でサンクスギビング・パーティに招かれた。そこで見たものは……。 アメリカ人男性にとって、サンタスギビング・ウィークエンドは、七面鳥をローストする係に任命されること、それを切り分けること、そして朝っぱらからフットボールを見ることを許された週末なのである。 もちろん招待されたその時は、日本時間だからテレビの生放送はなかったが、朝から延々と過去の名勝負のビデオが流されていたのである。朝からビールも振舞われていた様子で、それはそれはマッチョな光景であった。「ハンナとその姉妹」にはフットボールが出てこないと書いたが、その理由は今になれば分かる気がする。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
生島淳 1967年生れ。広告代理店勤務を経て93年よりライターとして活躍。著書に『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順