「ヒラリー・クリントンの見る夢」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2001年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

「今は大統領……、いや議員1期目を満喫しています」――。ヒラリー・ローダム・クリントン米上院議員(ニューヨーク州選出)は今年7月、ワシントンのナショナル・プレスクラブでの公演で、大統領選出馬の意思を問われた際、「議員」を「大統領」と間違え、思わず本音が出たのではと話題になった。ヒラリー議員が2004年の大統領選に出馬すれば、選挙は大いに盛り上がるが、障害も少なくない。障害の1つはやはり、全米を揺るがせた夫の不倫もみ消し問題だろう。 ヒラリー議員が大統領選出馬を否定するのを聞いて、クリントン前大統領が胸をなでおろした。「やれやれ、これで一家から2人の弾劾大統領が出ることはなくなった」 セクシー女優のパメラ・アンダーソンがクリントン前大統領の不倫を批判して言った。「私がヒラリーなら、離婚するわ」 これを聞いたクリントン氏が言った。「もし、ヒラリーがパメラ・アンダーソンだったなら、わたしはあんな過ちは犯さなかっただろう」 クリントン前大統領とゴア前大統領は、ブッシュ大統領の就任式以来、1度もまともな会話を交わしていない。 クリントン前大統領とヒラリー議員は、ニクソン大統領の就任式以来、1度もまともな会話を交わしていない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順