総額五十億ドル! アル・カエダの「大いなる遺産」

2002年1月号
カテゴリ: 国際

 オサマ・ビン・ラディンの資金ルートを果敢に“攻撃”しており、テロ組織による資金調達の阻止に成功をおさめつつある、というのは米財務省の言い分。実際、昨年末までの段階で、財務省が封鎖・凍結に成功したテロ組織との関与が疑われる資金は、計七千万ドルに及ぶ。 だが、これは決して自慢できる数字ではないようだ。オーストリアのリンツ大学教授、フリードリッヒ・シュナイダー氏(経済学)に言わせれば、いまだ微々たる額ということにさえなってしまう。 アングラ経済とマネーロンダリング問題の専門家である教授が、昨年十月下旬、バイエルン州プーラッハにあるドイツの諜報機関、BND(連邦情報局)本部で行なったレクチャーの内容が判明した。曰く、ビン・ラディン率いるアル・カエダだけでも、その資産は五十億ドル規模に達し、他に二十ほどあるイスラム原理主義テロ組織も合わせれば、年間予算総額は少なくとも一億五千万ドルは下らない――。 米財務省が押さえたという金額との開きは、文字どおりケタ違い。今後、米国などによる資金面でのテロ組織追及は一層激しくなることが予想される。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順