「戦略なき合従連衡」という袋小路

2002年1月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

合併、事業統合、業務提携……“低生産性”が枕詞になってしまった日本産業、再生への切り札だ。だが、改めて問いたい。「その合従連衡、一体、何の役に立つのですか」。 出口の見えない日本経済。冷たい不況風が吹きすさぶ中、産業界はかつてないほどのスピードで企業の再編・淘汰が進んでいる。規模の拡大と業務の効率化を求め、経営者の多くが他社との合併や事業統合に活路を見いだそうとするようになった。 ただ、安易な「合従連衡」はかえって企業の活力をそぎ落とす。午年である二〇〇二年に、駿馬となるか駄馬で終わるか。企業の命運は経営の戦略性にかかっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順