イヴ・サンローラン氏の引退

執筆者:高松弥生 2002年2月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: ヨーロッパ

 四十年間、世界のファッションをリードし続けたフランスの有名デザイナー、イヴ・サンローラン氏(六五)が一月、ファッション界から引退した。デザイナー人生の終幕はオートクチュール(高級注文服)のショーだった。パリでだけ認定される服飾の最高峰、オートクチュールを基盤に築きあげられたブランド、イヴ・サンローラン。だが今やその経営権は、多くの高級ブランド同様にフランスの流通王が手中に握る。仏フランの退場に伴われて先駆者が表舞台を去り、ユーロ通貨の登場とともに新たなファッションビジネスの地殻変動が始まった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top