“劣等生”と“優等生”

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2002年2月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: ヨーロッパ

 旅先ではついつい財布の紐がゆるむもの。外国通貨だと、自国では絶対買わないものも衝動買いしてしまう。その時のわくわくする気持ちと軽率さは、外国でのアバンチュールに似ている。フランス語でje t'aimeと囁く時の無責任を伴った大胆さ。この密やかな楽しみはユーロで失われてしまう。ユーロでの買い物なんて、エスペラント語での愛の告白のように味気ない!――こう嘆くのは『さらば、美しい紙幣たち』というエッセイ集に寄稿したドイツの作家だ。 昨年末にドイツで出版されたこの本は、南はギリシャから北はフィンランドまで、ユーロ参加国の作家十人が、消えゆく通貨の裏にある歴史、文化への熱い思いを綴ったもので、当地で静かなベストセラーとなっている。文化人の中には、ユーロ導入でヨーロッパが画一化し、各国の個性が消えていくことへの懸念を口にする人も多い。欧州統合の経済的なメリットを頭では理解しながらも、ユーロ導入のように上から与えられるプロセスに、どこか割り切れなさを感じているのだ。 その声が最も強いのがドイツであろう。ドイツ人の自国通貨に対する思い入れは、他の国々と比べて明らかに強い。敗戦の瓦礫の山から経済的に立ち直り、「奇跡の経済復興」を成し遂げた強いマルクは、国民の汗と涙の象徴だった。何かにつけて近隣諸国からナチスの過去を引き合いにだされるドイツ人にとって、マルクだけは自信をもって胸をはれる「文化」だったのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順