窃盗事件で露見した「将来戦闘機」の研究

2002年2月号
カテゴリ: 外交・安全保障 社会
エリア: 日本

 一台のパソコンが盗まれたことで、防衛庁が密かに進めてきた「将来戦闘機の研究」が明らかになった。かつて次期支援戦闘機(旧FSX、現在はF2)の開発をめぐり、米国との間で政治問題化したこともあっただけに、将来戦闘機計画が具体化すれば、やっかいな問題として浮上するのは確実だ。 パソコンは昨年十一月、名古屋の三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所から盗まれ、同社が警察に被害届を提出した。パソコンには防衛庁が発注した将来戦闘機の設計に使う模擬装置(シミュレーター)の関連データが入っていたが、「防衛秘密」は入力されていなかった。 防衛庁は「庁としての被害はない」と強調しているが、実は「将来戦闘機の研究」をしていたこと自体が、高度の防衛秘密だった。 現代の空中戦は、射程が五十キロ以上ある中距離ミサイルが発達したことにより、いち早く敵機を発見してミサイルを発射した方が勝ちという“一撃離脱”の戦術が主になっている。 このため、各国ともレーダーに映りにくいステルス性を持った戦闘機の開発に懸命だが、ステルス機は独特の形状をもつうえ、比重の大きい塗料を使わなくてはならず、どうしても運動性能が犠牲にならざるを得ない。この二律背反する機能を両立させようというのが、防衛庁の将来戦闘機の研究課題なのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順