中国の波乱要因「世代間ギャップ」

執筆者:藤田洋毅 2002年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

党大会を今秋に控え、中南海の闘争が活発化している。しかし、焦点は指導部の交代問題ばかりではない。世代交代のみか政治改革の実行すら求める若手幹部たちの声が、日増しに大きくなりつつあるのだ。 五年に一度の共産党大会を秋に控えて、中国では政治談義が熱を帯びてきた。意見を戦わすのは長老たちばかりではない。春節(旧正月)を前にしたある日、党中央・国務院の四十代半ばの若手幹部たち数名も、地方政府から北京に出張してきた学生時代の同級生を囲み、幹部宿舎の一室で語り明かした。杯が進むにつれ、おのずと今年最大のイベント、第十六回党大会がらみの話になる。参加した一人によれば、「江沢民総書記の歴史的な位置付け」をめぐって、忌憚のない意見をぶつけ合ったという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順