僕が出会った超人、奇人、天才たち

成毛眞
執筆者:成毛眞 2002年2月号
カテゴリ: 文化・歴史

 五年前にひょんなことから始めた呑み会「フォーラム50」が二十回目を迎える。きっかけは同い年の新聞記者との雑談だった。彼曰く、我々一九五五年生まれの学年からは十年に一度の天才がでている。千代の富士、中野浩一、桑田佳祐、野田秀樹、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブス。したがって僕らも天才なのだ、と盛り上がった。根拠はきわめて呪術的である。 スポーツや芸能界、ベンチャーは実力本位の世界だから若いうちに頭角を現す。しかし、日本の経済、政治、学問は旧態依然。そこで、いまは不遇であっても年を取ってから天才を発揮するかもしれない五五年生まれを見つけ、ツバをつけておこうと考えたのだ。目的はきわめて功利的。 僕が直接お会いした方だけに声をかけるルールを厳守したため、なかなか同年生まれは見つからない。会の名前をフォーラム50として対象を五〇年代生まれに拡大。第一回目は三十名ほどのお手軽招待者ではじまった。方法はきわめて刹那的だ。 会費八千円。食べ物は近くのすし屋の出張握りだけ。偉いひとの講演どころか、主催者のあいさつも乾杯もお開きの拍手もない。マンションの一室を借りて夜七時ごろから三々五々あつまり、早朝までただただダベるのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順