インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

世論を操るスピンドクターたち

春名幹男
執筆者:春名幹男 2002年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

「私がこんなことを言うのは非常にワシントン的だとは思うけど、火曜日の一般教書演説の『悪の枢軸』は私の夫が考えたのよ。全米の注目を集めるフレーズを書くのはよくあることではないので、あらゆるところの見出しでこれが繰り返されるのを見る度に私が妻として自慢している、と思ってほしいわ」 こんな短いeメールが、1月29日のブッシュ米大統領の一般教書演説の数日後、ホワイトハウスのスピーチライターの一人、デービッド・フラム氏の妻ダニエル・クリッテンデンさんから、友人や家族に送られた。 その全文は2月5日、ウェブサイトマガジン『スレート』に掲載され、波紋を広げた。その上、2月下旬突然にフラム氏はスピーチライターを辞任。eメールのせいで解任されたのではないか、との憶測が一気に広がった。 この情報、実は日本のメディアでは報じられていないが、今後の米国の政治動向を占う上で、極めて重要な「戦略情報」だったのである。 この情報をどうとらえ、ブッシュ政権の行方をどう予測するか――がこのコラムのテーマだ。同時に、「戦略情報」とは何か、戦略情報を把握してどのように“スピン”を回すか――スピンドクター(世論操作の魔術師)たちの動きも追ってみたい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順