私は帝人を五年で「透明な会社」にした 安居祥策(帝人会長)

執筆者:船木春仁 2002年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

「ちょっと」。1997年4月上旬のある日、事業報告を終えて社長室を辞そうとしたときだった。帝人専務(現会長)の安居祥策は、社長(現相談役)の板垣宏に呼び止められて立ち話になった。「君に社長をやって欲しいと思っている」 安居は「他の人がいるでしょうに……」と言ったきり言葉が出ない。「普通ならば考える時間をあげるのだが、ここで、すぐに返事をしてくれ」と、板垣は有無を言わさぬ迫力でたたみかけた。「私も含めて誰もが、私が社長になれるとは考えていなかったし、優れた諸先輩がたくさんいた。もし考える時間を1日もらえていたら絶対に断っていた」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top