干上がる株式市場でケンカする人々

執筆者:滝澤拓 2002年4月号
エリア: 日本

「台湾株式市場の売買代金 東京に迫る勢い」(日本経済新聞二月十三日付)――。日本の株式市場に空洞化の危険が高まっている。経済の低迷で上場株式の値上がりが見込めないという事情が、投資資金にそっぽを向かれるそもそもの背景だ。ただ、おカネの行き来を取り持つ証券会社にしてみれば、話は“そもそも論”では収まらない。このままでは食い扶持が稼げなくなってしまうではないか。 そんな干上がりつつある市場の水面下が、にわかに騒々しくなってきた。「東証はいったい何を考えているんだ」。怒りを募らせているのは、「やはり」と言うべきか証券会社である。それも、元来システム投資への出資などで東京証券取引所を支えてきたという自負のある大手、準大手証券だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順