目前に迫る国債の「日銀直接引き受け」という禁じ手

2002年4月号
エリア: 日本

格下げ、デフレ、発行増、外国人の売り――市場はすでに日本国債の暴落を意識している。買い手不在の中、自民党の一部から「究極の手段」を検討せよとの声が出始めた。経済のモラルハザードはどこまで進むのか。 日本の国債が追い込まれている。米格付け会社が日本国債の「シングルA」格への格下げを宣告、日本にはチリ、ハンガリー並みの信用力しかないと見なしたことで、見切りをつけた外国人投資家が国債を手放し始めた。 最大の買い手である銀行は、大手四行だけですでに約三十六兆円分もの国債を保有し、これ以上の買い増しは難しい。それでも財政出動への期待感は高まるばかりで、小泉改革が掲げる国債三十兆円枠の維持は風前の灯だ。格下げ、買い手不在、発行増など国債相場を取り巻く環境は悪化の一方である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top