アメリカに刃向い続けるサダム・フセインの思惑

執筆者:村上大介 2002年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

「悪の枢軸」と名指され、対テロ戦争の“標的”になったイラク。日増しに緊張が高まる中で、なお強気の姿勢を崩さないフセインに、果たして「成算」はあるのか。[カイロ発]「悪くない話し合いだった」。一九九八年十二月から中断している国連大量破壊兵器査察の再開を拒否しているイラクのサブリ外相と約一年ぶりの協議を終えたアナン国連事務総長は三月七日、ニューヨークの国連本部で記者団にこう漏らした。サブリ外相も「前向きで、建設的なスタートだった」とコメントし、両者のハイレベル協議の第二ラウンドが四月中旬に開催されることになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top