クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

諸悪の根元・中東に一条の光

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2002年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 中東の和平は、われわれが生きているうちには成らないだろう。ユダヤvs.パレスチナの抗争は、全世界を破滅へ引きずり込むブラックホールかもしれない。このコラムで、何度もそう書いてきた。 初めてそういう終末観めいたものを抱いたのは三十年前、ところはテルアビブである。一九七二年は暗い事件の多い、人を悲観的にする年だった。 私は浅間山荘落城の当日は東京に戻っていたが、あれは無茶苦茶に寒い軽井沢だった。続く妙義・榛名の連合赤軍事件の現場にも、風花が舞っていた。そして同年五月三十日のテルアビブ空港襲撃事件。直後に現地に着いた私を見る、空港警備員の顔がこわばっていた。さらに、生き残った岡本公三の軍事裁判。 軽井沢の犯人は、まだしも(警官を撃ちはしたが)人質の命を奪わなかった。群馬の山では同志を殺した。テルアビブでは空港ビル内で自動小銃を乱射し、無辜の民を殺した。岡本は偶然死に損ったが、残る赤軍二名は自爆した。決死隊である。あれは、昨年の九・一一テロに至る自爆テロの水門を開いた。 ニューヨークで起ったことは、中東で連日のように起っている。双方が律義に、一つやられたら一つ仕返す暴力の無限連鎖は、始まってもう一年半になる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順