饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(52)

英国外交の支柱だったエリザベス皇太后の死

西川恵
執筆者:西川恵 2002年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 英女王エリザベス二世の母、エリザベス皇太后が三月三十日、百一歳で亡くなり、四月九日、ウェストミンスター寺院で各国政府の代表も多数参加し、厳かに葬儀が営まれた。 その当日までの四日間、棺は国会議事堂のウェストミンスター・ホールに安置され、一般市民に公開された。皇太后に別れを告げる市民の列は七、八キロに及び、当局は列が絶える葬儀当日早朝まで開放せざるを得なかった。いかに皇太后が国民に愛されていたかを改めて思い起こさせたのである。 エリザベス皇太后は一九〇〇年、スコットランドの貴族の家に生まれた。二三年、国王ジョージ五世の次男アルバート王子と結婚。国王の死去で、長男がエドワード八世として即位したが、離婚歴のある米国のシンプソン夫人との結婚を望んで退位したため、三六年、アルバート王子がジョージ六世として王位を継承した。 王妃として、また五二年に夫が亡くなった後は皇太后として、一つの範を示してきた。今日、英王室が世界から払われている敬意の少なくない部分が、エリザベス皇太后に負っているといっても過言ではないだろう。 例えば、外国を訪問した各国元首の中で、接受国から最も手厚いもてなしを受けるのはエリザベス女王、つまり英王室である。もちろん特別な関係にある国同士、破格のもてなしをすることはある。しかし一般的に、英王室が国際儀礼の世界において最も敬意を払われていることは疑いを入れない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順