クルド人組織「大同団結」は米国の対イラク攪乱情報

2002年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 米国がフセイン・イラク政権打倒に向けクルド人の有力反体制組織への本格的支援に乗り出したとの情報が最近流れているが、これはブッシュ政権によるイラク攪乱工作の一環であるようだ。 独ベルリンの近郊で四月、米中央情報局(CIA)や米国務省高官とイラクのクルド人二大反体制組織である「クルド民主党」および「クルド愛国同盟」両幹部との秘密会合が開催され、フセイン政権転覆に向け米国の軍事支援と両組織の統合について合意がなされたとの情報がアラブ諸国の報道機関に流れ、一部の新聞は大きく報じた。両組織が部隊を統合し、イラク北部に攻撃拠点を設ける準備に入ったとの情報も伝えられた。 しかし、カイロの外交筋がワシントンからの情報を基に語ったところによれば、「ベルリン秘密会合」はイラクの情報機関の目をあざむく目的で開かれたもので、伝えられるような合意は存在しないという。ワシントンの消息筋も「ブッシュ政権が対イラク軍事攻撃に踏み切る場合、クルド人の組織に頼ることはあり得ない」と指摘、極秘裏に進めているはずの米軍のイラク侵攻作戦を隠蔽するための工作とみている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順