フィオリーナとブルース

執筆者:梅田望夫 2002年6月号
カテゴリ: IT・メディア

 昨年九月三日の発表から約八カ月、ヒューレット・パッカード(HP)とコンパック・コンピューターがようやく合併した。 HPの発行済み株式の約一七%を保有する共同創業者一族(ヒューレット家とパッカード家)が十一月上旬に合併反対を表明してからの半年は、取締役会、株主総会、裁判所と舞台を移しながら、美貌のカーリー・フィオリーナHP会長兼CEO(最高経営責任者)と創業家との熾烈な戦いが延々と続いた。そして結局は、勝つことに惜しみなく全力を尽くしたフィオリーナの勝利に終わり、共同創業者一族の代表ウォルター・ヒューレット取締役は「私が知っているHPではなくなってしまう」という裁判所での言葉を最後に、取締役会から叩き出された。「何がフィオリーナをそこまで駆り立てるのでしょうね」 私はこの半年間、何人もの日本人ビジネスマンから同じ質問を受けた。HPは日本企業に似た「人を大切にする」社風で有名であった。だから日本的経営とアメリカンスタンダードの対立に似たこの構図は、日本人にとって、決して他人事ではなかったのである。「彼女は自分がやっていることを絶対に正しいと信じて疑っていないから、なぜそこまで、と他人が忖度しかねていること自体を全く理解できないのだと思いますよ」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
梅田望夫 1960年東京都生れ。94年渡米、97年コンサルティング会社ミューズ・アソシエイツを起業。著書に『ウェブ進化論』(ちくま新書)、『ウェブ時代をゆく』(同)、『ウェブ時代 5つの定理』(文藝春秋)、『ウェブ人間論』(共著、新潮新書)など。メジャーリーグの野球、そして将棋の熱烈なファン。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順