ピッカピカの東ティモール「はじめての外交」は一頓挫

2002年7月号
カテゴリ: 国際

 五月二十日に独立を果たした東ティモールのシャナナ・グスマン大統領が、インドネシアを訪問してメガワティ大統領と会談することを希望したところ、インドネシア側から「準備が間に合わない」と断られていたことがわかった。 グスマン大統領は独立直前の記者会見で「独立後の初めての外遊はインドネシア」と両国関係の重要性をアピール、独立記念式典に出席したメガワティ大統領をエスコートして会場に登場するなど、インドネシアに対する最大限の配慮を示していた。 しかし、五月三十一日に開幕したサッカー・ワールドカップの開会式に韓国政府から招待されたため、「初外遊はインドネシア」との約束を守ろうとして、急遽、韓国に向かう前のインドネシア訪問を決めたのが真相だった。 急な訪問話だったことに加え、「ワールドカップ開会式出席のついでの訪問」という事情を知ったメガワティ大統領自身が、「とても会談などする時間がない」と判断して、訪問延期を東ティモール側に伝えるという異例の事態となった。独立国家として歩み始めた東ティモールだが、外交では早くも失点を残した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順