【インタビュー】ジョゼフ・ギャロウェイ(ジャーナリスト) ベトナム戦争37年目の真実

執筆者:草生亜紀子 2002年7月号
エリア: 北米

 アフガニスタンの乾いた大地でいかなる戦闘が繰り広げられたのか、その真実が明らかにされる日は来るのだろうか――三十七年前のベトナムにおける米軍の「辛勝」とそれに続いた惨劇を詳細に描いた“We Were Soldiers Once...and Young”(邦題『ワンス・アンド・フォーエバー』角川文庫)を読みながら、そんなことを考えた。 一九六五年十一月、南ベトナム中部高原のイアドラン渓谷で、米軍と北ベトナム軍が初めて本格的に交戦。北ベトナム軍の陣地のまっただ中に放り込まれた米部隊四百五十人は三日間の死闘で大打撃を受ける。最終的には北ベトナム軍を敗走させたものの、後続部隊は帰路、北ベトナム兵の待ち伏せを受けて壊滅状態となった。 この時、最初の部隊を指揮したハル・ムーア中佐と、戦闘の渦中に身を投じたUPI戦地特派員のジョゼフ・ギャロウェイ氏は、「いつか必ずこの戦闘を記録に残そう」と約束。二十七年後の九二年、本書は刊行されて全米ベストセラーとなり、映画化された。「原書が湾岸戦争の後に刊行されたこと、そして映画がアフガンでの対テロ戦争中に公開されたこと、これは全くの偶然なんだ」とギャロウェイ氏は語る。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順