クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

FBI「現場」からのある告発

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2002年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 一度あったことは二度あってもおかしくない。アメリカは、まだビン・ラディンを仕留めていない。テロの第二撃があるとすれば七月四日、独立記念日ではないか? そういう憶測が、向こうの新聞にチラホラ出ている。むろん当たるも八卦当たらぬも八卦ていどの話である。 場所は? べつにワシントンでなくていい。ニューヨークの証券取引所、シカゴの穀物取引所、ハリウッド、ディズニーランド等々、アメリカにとって象徴的な意味ある目標なら何でもいい。FBI(米連邦捜査局)とニューヨーク市警は、自由の女神像の警備を強化したという。 手段は? なにも空から襲う必要はない。高性能火薬を満載したトラック一台と自殺志願の若者が一人いれば事は足りる。文明は発達すればするほど弱点も多くなる。誰かがどこかのアパートの一室に電話を五本引き、フリーターを五人雇って電話をかけさせれば、少なくとも半日間は日本中の空港を麻痺させることができる。 テロはいつ、どこで、いかにしてを問わない遊撃性が強味である。それを事前に探知して防ぐのは、人間業ではない。 しかし逆に、テロが発生した後に振り返って原因と結果の関連を眺めると、いろんなデータまたは情報がテロに向け一斉に収斂していったと感じる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順