【インタビュー】バド・セリグ(MLBコミッショナー) 野球は、いっそうのグローバル化を目指す

執筆者:北谷賢司 2002年8月号
カテゴリ: スポーツ 国際
エリア: 北米

セリグ・コミッショナーが、初めて日本メディアの単独インタビューに応じた。日本でのビジネスを今後どう展開するのか。野球W杯にはどう関与するのか――。さまざまな難題を解決してきた経営のプロとしての視点から、長期戦略を語った。 バド・セリグ氏は、MLB(Major League Baseball)のオーナー会議議長あるいはコミッショナーとして、一九九二年九月以来、強いリーダーシップを発揮してきた。日本人選手の活躍によって注目度が飛躍的に高まったMLBは、世界に向けてどのようなビジネス戦略をもっているのか。オールスター戦の翌七月十日、ミルウォーキーで話を聞いた。――MLBのトップとしての十年間を、どう自己評価されていますか。セリグ 大変な十年間だったのですが、いくつものことを成し遂げてきたと思っています。まず、アメリカン・リーグとナショナル・リーグをそれぞれ東部・中部・西部の三地区に分け、各地区の優勝チームと、二位のなかで最高勝率のチームが「ワイルドカード」を得て、計四チームでプレーオフを戦うシステムを作り上げました。両リーグ合わせると八チームが、頂点のワールドシリーズを目指してポストシーズンを戦うわけです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順