大統領vs.首相 ロシアで勃発した「IT内戦」

2002年8月号
カテゴリ: IT・メディア 国際
エリア: ロシア

 ロシアのプーチン大統領とカシヤノフ首相。車の両輪となって経済再建に邁進するはずの両首脳だが、実際には早くも二〇〇四年春の次期大統領選挙に向けて火花を散らし始めた。 最近、両者はインターネットのウェブサイトを相次いでリニューアルし、“IT戦争”が始まったと揶揄されている。最初に仕掛けたのはカシヤノフ首相。プーチン政権で不遇をかこつようになった新興財閥の声に耳を傾け、「いまではほとんどの財閥がカシヤノフ支持」(クレムリン筋)とまで言われる。夏を前に「政府」のウェブサイトを一新したが、「中身はこれまでの首相の成果に対する礼賛ばかり。選挙をにらんだ個人的サイト」と評されている。 首相の台頭を苦々しく思うプーチン大統領陣営も、その一週間後に「大統領サイト」を更新。新聞やテレビを使って大々的に広報し、インターネットを通じての宣伝戦を真っ向から受けて立つ構えを示した。 大統領と首相がいがみ合っている場合ではないとの政界の指摘を受け、当面は休戦することで手打ちが成立したようだが、選挙が近づくにつれて再び確執が強まるのは避けられそうにない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順