ネオ・チャイナタウンを東京に作ろう

成毛眞
執筆者:成毛眞 2002年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 中国の自治区めぐりをやっている。自治区とは立法権をも含めて少数民族の自治が認められている行政区で、内モンゴル自治区、チベット自治区、広西チワン族自治区、寧夏回族自治区、そして新疆ウイグル自治区の五つ。それぞれ外縁部にちらばり、内外の安全保障の要となる地域である。 チベットや新疆での民族紛争や独立運動なども伝えられるとなると、なにごとも現場主義の僕としては落ち着いていられない。内モンゴル自治区と新疆ウイグル自治区の二カ所を回ってみたが、ジャーナリストになれないことだけは実感した。なにせ旅行そのものを楽しんでしまったからだ。 内モンゴル自治区シリンホト市郊外では民家、とはいってもフェルト製のパオに一週間寝泊りした。満天の星空、緑の地平線、日本人そっくりで人の良いモンゴル人。食べ物が煮ただけの羊の肉であることをのぞけば、すてきなバケーションであった。 新疆ウイグル自治区では辺境都市カシュガル、最西の大都市ウルムチ、平山郁夫でおなじみの敦煌(ここは隣の甘粛省。念のため)などを転々とした。エキゾチックな音楽と食べ物。石だらけの沙漠とオアシス。らくだとターバン。シルクロードは古代から健在だ。 中国辺境といえば、四千年の昔から漢民族が少数民族を武力で支配するというイメージが強い。ところが内モンゴル自治区ではその正反対の光景に驚くことになる。漢民族が一人っ子政策に縛られている一方、少数民族には産児制限が事実上ない。かつて課せられていた羊の所有数制限がなくなったため、裕福にもなった。多くのパオには太陽光発電装置があり、テレビはもちろん四輪駆動の自家用車をもつ者も出てきた。一方の漢民族は、人民公社時代からのおんぼろ工場で営々と働いていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順