クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

「戦う意志」なけりゃ勝てない

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2002年8月号
カテゴリ: スポーツ

 東京発の外電は、日本人が「ポストW杯症候群」にかかっていると報じた。 横浜の大競技場の外には、かつて「あと365日」の大パネルが光っていた。それが日に日にカウントダウンしていって、決勝戦の日には「0」になった。 無茶苦茶に騒いだ。あらんかぎりの声を出し、誰彼なしに抱きついた。そのすべてが来て去った。後には淋しく遣る瀬ない「宴の後」があった。日本人はいま「プロ野球もつまんないし」という気分に落ち込んでいるという。少なくとも東京に住む外国人には、そう映るらしい。 しかし私には、あの決勝戦は簡単には消えない印象を残した。むろんテレビ観戦だが、一つのボールを追う二つのチームを見比べ、地球上にはこれほども異なる人種が住んでいたのかと呆れた。 ドイツ選手は勇猛果敢だった。システムの意志に従って、球を敵陣へ運んだ。勝利へあと一息のところまで攻めた。二十世紀に二度、皇帝ウィルヘルム二世とヒトラーの命に従い、彼らはもう一歩で勝利を手にしかけた。いまは平和なEUの一員だが、なお優秀な兵士になれる素質がある。あるいはローマ帝国の北辺を脅かした蛮族の血の名残りか? 終了の笛が鳴った後、ゴールを堅守してきたカーンは、ポストに背をもたせ、無言で立っていた。七万人近い座席の客は、帰るのを忘れて彼を見た。誰にも声をかけず、誰からもかけられず。慰めず慰められず、じっと劇的に立っていた。胸の中にはワグナーが鳴っていたことだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順